なぜExcelVBAを学ぶ際、同じプロシージャを30回も書くのか?

こんばんわ、ほすしです。

 

なぜExcelVBAを学ぶときに同じプロシージャを30回も書くのか?についてお話します。

 

理由は簡単です。

より速く正確にタイピングするため

 

です。これ以上の理由はありません。

 

例えば、以下のプロシージャがあったとします。

ワークシートを別のブックに移動するプロシージャです。

Worksheets("sheet1").Move Before:=WorkBooks("Book1").Worksheets("sheet2")

 

このようなプロシージャがあったとき、速くともミスがあればバックスペースばかり使ったりしてタイピングするのと、遅くても正確にタイピングするの、どちらが良いでしょうか?

 

僕は遅くとも正確に書ける方が断然良いと思います。

なぜなら遅くタイピングするより何回もミスをする方が僕にとっては断然ストレスだからです。

 

もしタイピングすること自体が嫌いになれば、僕はExcelVBAを学べないと思っています。あくまで僕の場合ですが、タイピングしないとプロシージャなどが頭に入ってこないので。

 

で、遅くとも正確にタイピングしていると、いずれはスピードが上がっていくんですよね。しかし、速くてもミスが多いのは時間がたつにつれそのミスを身体が覚えていく・・・という最悪な事態に陥ってしまいます。

実際、僕はちょっと前までWorksheetというのをよくWroksheetとタイピングして、どうしようもないイライラに頭を悩ませていました。

そこで一度原点に戻り、Worksheetというのをゆっくり正確に何回も何回もタイピングして矯正していきました。

おかげで今はスラスラタイピングできます。

 

つまり、何が言いたいのかというと、速く正確にタイピングできるようになると、ExcelVBAの勉強は楽しくなるということなんですよね。

 

そこでより重視すべきなのが正確さです。

その正確さと速さを身に着けるのが、同じプロシージャを30回もタイピングする・・・ということなのです。

 

同じプロシージャを30回を、遅くとも正確にタイピングすれば必ず30回目にはだいたい早くタイピングできるようになってますし、それにそのプロシージャを頭と体で覚えるのでより効率的に勉強できると考えています。

 

なので、僕は正確さを第一に、速さを第2に考えてタイピングしています。

 

 

読んでくれた方ありがとうございました。

自分が集中できる要因と失敗する要因/これからどうするか?また、ExcelVBAについて

こんばんわ、ほすしです。

 

タイトルにある通り、自分が集中できる状態と失敗する要因について。

 

今までで気に留めている失敗については以下の通り

 

・アルバイトから帰宅後、ExcelVBAの勉強とかしようと考えてはいたももの、お腹が空いていたので食事。んで、そのまま眠くなり就寝して、深夜1時ごろ起床。その日はまた眠ることもできずアルバイトへ行くが、深夜1時ごろに起きているため、昼頃から眠くなる・・・、そしてその日も夕方ごろには超眠いのでまた夕方に寝て・・・のループ

 

・食後は体が眠くなったり、だるくなったりして明らかに生産性はかなり下がるが、空腹過ぎても生産性が低くなる。

 

・休日、やることがExcelVBAの勉強しかやることがないが、だからと言ってずっと家にいるのも気分が悪い・・・そうこうしているうちに夜になって1日を潰す

 

まぁ、つまりは自分の生産性の低さについてなんですが、この3つの問題を解決するために以下のような措置をとります。

 

基本的に食後は明らかに生産性が下がるので、主な食事は夜寝る前のみ。それ以外は基本的に果物・野菜、無添加の野菜ジュースやお茶などのみ・・・とする。

 

今まで、なぜ気づかなかったのか?というくらい不思議だったですが、お茶はもちろん、野菜や果物を食べても全然眠くならないんですよね。胃にも全然負担にならないし。

 

なので、野菜や果物は体にいいですし、生産性を上げるためにもこのようなことをしようと考えております。

また、なぜ日中は果物・野菜のみにするかというと、「食を慎む」を実践したいからです。

 

正直、日中果物・野菜のみ・・・というのは僕にとってかなりつらいものですが、その試みにより日々の生産性が高まるのなら僕は絶対にやりたいですし、水野南北やルイジ・コルナロ(知らない人はググってください)が説く、少食によってもたらされる幸福についても検証したいからです。

 

まぁ、検証したいからというより、今だいぶ追い詰められているから藁にも縋る思いで少食、つまりは1日1食と果物・野菜をやろうと考えたのです。

 

今僕はフリーターですが、来年度の3月までには必ずExcelVBAを使った就職先に就きたいのです。なので、あらゆる幸福の原点・・・といえる少食をやりたいのです。

今まで何度と少食をトライしてきましたが、何度も失敗しました。そこで今回はとりあえず「5日間のみ」やろうと思います。その5日間で効果があるかどうか見極めようと考えております。

 

ずっと少食やるよ!なんて今の自分には無理なので。

 

改めて5日間のみの少食のルールは以下の通りです。

・日中、夜の食事までは果物・野菜、無添加の野菜ジュースのみ

・夜は基本的にお菓子なども含めて何でも食べてよいが、腹8分目まで。

 

では、今日から実践します。

 

で、話は変わって休日の過ごし方とか。

休日って時間があり過ぎてずっと家にいると気分がまいるんですよね。で、まだ時間あるまだ時間ある・・・を繰り返すとあっという間に夜に・・

これを打破するために、PCもって外でExcelVBAの勉強しようと思います。

外出たら気分変わりますしね。

出来れば午前中にカフェに行って、昼の3時ごろとかに帰宅が一番ですかね。その時間帯って電車も混んでないと思いますし。

 

また、休日だからと言って昼まで寝ているとホントに1日損した気分になるので、休日は「午前中にカフェで勉強」ですかね。

 

話は変わってExcelVBAについて。

実は、以前言っていた「ExcelVBA本格入門」ですが、途中で挫折しました。

 

挫折した主な要因は以下の通りです。

・ページがめくりづらい

・文字が小さくて読みにくい

・結構難解だと感じる

・ユーザーフォームを扱うチャプターでマウスを使わなけらばならなくて、結構しんどい

 

以上が挫折した理由です。

僕が以前使っていた「ExcelVBA基礎編」では、説明も分かりやすく、また勉強することもどのようなプロシージャやステートメントを記述すれば、どのように動作するか、といったことでしたので、ひたすらキーボードを叩いてました。なので、このテキストは難なくやり終えたのですが・・・

 

 

「ExcelVBA本格入門」に至っては少し説明が難解だったのもありますが、とりわけユーザーフォームのチャプターでマウスを使ったことをしていたので、それがめんどくさかったり、1ページでの勉強量も多くてもう無理だ・・・となりました。

 

そこで、僕は「ExcelVBA基礎編」と同じシリーズである「ExcelVBAコントロール・関数編」に手を出しました。

 

かんたんプログラミング Excel 2010 VBA コントロール・関数編

かんたんプログラミング Excel 2010 VBA コントロール・関数編

 

 

やはり、同じシリーズというだけあって、凄くわかりやすいです!

解説が凄くわかりやすいですし、何より「ExcelVBA基礎編」と同じようなイラストやつくりですので、安心感があって、なんというか凄い親しみやすいです。

 

なので、これからはこの書籍でExcelVBAを勉強していきます。

 

読んでくれた方ありがとうございました。

エロ禁の重要性

こんばんわ、ほすしです。

 

さて、タイトルにある通りエロ禁の重要性について。

ただいま僕はオナ禁14日目、エロ禁0日目です。

 

この14日間のオナ禁の効果については以下の通りです。

・寝起きが良くなる。

・体力が増えたと思う。

・髭の伸びが遅くなる。

・少しポジティブになった

 

ぐらいですかね。実は1週間くらい前まで4日間のエロ禁をしていたんですが、ふいにエロを見てしまいたくなって、エロを結構な時間を3日間ほど見てたんですが、まぁ、これがやばい。

頭は痛くなるわ、勉強に身が入らないわ、寝起きも微妙に悪くなるわ、女性からは避けられるわでもう嫌なことばかり。

 

オナ禁だけしててもエロを見たらダメなんだな・・・と痛感しました。

 

で、エロの害を身をもって知ったので本日からは徹底したエロ禁をしています。

エロ禁について参考になるブログがありましたので、以下に載せます。

http://オナ禁でモテる.com/

こちらの方のオナ禁・エロ禁ブログ、凄いです。

何が凄いって、凄く詳細にエロ禁について記載されてるからです。

 

具体的にどのようなことが書かれているかというと、

・なぜエロ禁でモテるようになるのか?

・なぜオナ禁だけではモテるようにならず、エロ禁をしなければならないのか?

・エロ禁によるモテ体験談

・エロ禁したら下痢が治ったよ・・・

 

など。個人的にエロ禁して下痢が治るってのがかなりインパクトありましたね。

それはやらなけらば!と思いました。なぜなら僕は胃腸が弱いから(笑)

 

この方のブログや他オナ禁・エロ禁勢の方々のブログを見て考えたのですが、僕はこう思いました。

 

誰でもモテるだけのポテンシャルを持っている・・・と

 

つまり、こういうことである。

人は誰でもモテるだけのポテンシャルを持ってはいるが、そのポテンシャルをどこでどう使うか?という問題なのである。

 

モテる男性は、現実の女性と交わることにそのエネルギーを使う。

モテない男性は、ネット上のエロとか見てそのエネルギーを使う。

 

ただこれだけの違いではないのかと思う。

分かりやすく言うと、モテるためのエネルギーは有限である。しかし、エロを見ればそのエネルギーは消費され、現実の女性にはまったく相手にされなくなる・・・と。

僕はそう思う。

 

モテるためのエネルギーを略してモテエネルギーと呼ぶことにする。

 

このモテエネルギーを消費する行為は以下のように思う。

・エロを見る

・自慰行為をする

・エロでなくとも、ネットなどでアイドルや女優などを見る

 

主にこの3つが僕はモテエネルギーを消費する行為だと思う。

脳は現実と想像を区別できない性質を持つという観点からみて、ネット上やテレビでも

女性を見たりしていれば、脳は女性が目の前にいるから、いつでも性行為できるから安心だ・・・みたいな感じで女性を惹きつけるようなことをしなくなるのではないだろうか?

 

そのように思う。また、モテエネルギーの性質についてこのように思う。

・モテエネルギーは女性を見たり触れ合ったり、とにかく女性という存在を認識していれば放出される・・・と。

つまりだね、モテたければモテエネルギーを保持し続けるということが大事なのである。

 

だから、その仮説検証のために今日からエロ禁を徹底してやる。

今回はオナ禁も14日しているので、それら併せてやる。失敗するかもしれないが、まずはチャレンジすることが大事なので。

 

また、「エロ禁」でググっててインパクトのあるセリフを見つけたので、ここに載せます。

 

オナ禁50日よりエロ禁5日

 

オナ禁で有名なブルーノ氏の言葉です。やはり、オナ禁するにあたってはエロ禁も徹底してやらなければならないということなのですね。

 

ということで、エロ禁やります!

何か月かぶりの記事/ExcelVBA基礎編がようやく終りました

こんばんわ、ほすしです

 

完全にこのブログ放置してました(笑)

 

えー、今現在の近況ですが、ExceVBA2010基礎編がようやく終わり、今は以前話していたExcelVBA本格入門をやっています。

 

かんたんプログラミング Excel 2010 VBA 基礎編

かんたんプログラミング Excel 2010 VBA 基礎編

 

 

 

やっと、基礎編が終わって安堵しています。まぁ、事例を98つもただひたすらVisualBasicEditor(VBAを操作するための、編集画面)に書き写すのは、意外に楽しかったのですがね。

 

記念というか、一番最後に乗っていたプロシージャをここに載せたいと思います。

 

事例98InputBox関数のサンプル

sub VBInputBox()

Dim myNo as Integer

Dim myMsg as string,myTitle as String

myMsg="削除する伝票No.を指定してください

myTtitle="売上データの削除

myNo=Val(InputBox(prompt:=myMsg,myTitle:=mytitle))

 

If myNo<>0 then

    MsgBox  myNo を&”を削除Noに指定しました”

Else

     MsgBox"処理を中断します”

end If

 

end Sub

 

やはりタイピングが楽々できるようになるとコードを書き写すのは楽しいですね

事例98つを今ほぼ暗記しているので、ほんとにショボいプロシージャでしたら自作できました!

 

で、昨日からExcelVBA本格入門をやっているのですが、このPart1である基礎編がほぼExcelVBA2010基礎編をそっくりそのままですので、Part2の実践編から始めています。

 

まぁ、特に話すこともないので、また何かあったら記事にしますね

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

ただただ積み上げる。継続する。

こんにちは、ほすしです。

 

継続がすべて。

 

この言葉の意味を理解するにはやはり継続して結果を出さなけらばなりません。

 

で、今まで0秒思考、オナ禁・エロ禁、VBAと同時並行でやってきましたが、3つ同時並行は厳しいというか心が集中できないのだと感じました。

 

ですので、昨日からExcelVBA70分を必ず毎日続けます。

ちなみに、昨日と今日ですでに140分は終わっております。

 

やはり一つのものに集中すると長続きしそうですので、これからはVBA1本を継続することに集中しようと思います。

0秒思考やオナ禁・エロ禁も大切ですが、一番大切なのはVBAですので。この技術さえ身につけば転職も夢ではなくなるからです。

 

ということで、今日からVBA70分1日目。昨日は0日目です。

 

まぁ、VBAに集中するといいましたがだからと言ってオナ禁や0秒思考をやめるわけではないですよ。

VBAを継続するにあたりオナ禁・エロ禁は大変強力な手助けになってくれますからね。

 

ってことです。

 

読んでくれてありがとうございまいした。

いきなり約束が破られる・・・の巻

 

おっす、オラほすし!!

 

読者のみんなすまねぇ、オラ以前に約束した6月11日(日)までに次のブログを更新するって約束忘れれたんだ。

 

で、さっきいきなり思い出してよ、急きょブログを更新したわけなんだ。

 

ってことで、すみません。

 

いやぁ、もう6月ですね。早い。時が過ぎるのが早い。

 

昨日のドラゴンボール超見てたんですが、フリーザ復活は熱すぎますね。

うぅ、書くことがない・・・

 

いや、あるにはあるんですが書くのを迷うのです。

 

ってことで、ホントに中身がなんもないままで悪いのですが、今日はここまで。

 

あ、そういえが、休みが充実しているとほんとにスマホとかいじらないですね。

実は金曜、土曜はとても楽しいことがあったのです。

具体的に何があったとは言わないですが、ちょっとした旅行をしてました。

楽しすぎて家に帰ってきてからは5時間くらいボーっとしてましたよ(笑)

はぁ、現実に帰ってきてしまった。寂しい・・・

 

絶対に30歳になるまでに年収700万円突破して超健康になって、彼女も作って家族を幸せにして見せる!!!!

よし!

 

では、読んでくれてありがとうございました。

タッチタイピングを習得した方法

こんばんわ、ほすしです。

 

なぜに2度目の投稿ということですが、えー、なんとなくです。

タイトルにある通りタッチタイピングを習得した方法を書きます。

 

タッチタイピングのソフトを買ってやりこみました。これだけです。

 

特打PLUS

特打PLUS

 

 特打ちPLUSです。

これをヨドバシカメラで買いました。

僕が買った特打ちPLUSにはパッケージにたしか約3900円と書かれていましたが、実際には1800円ぐらいで売られていました。

この特打ちPLUSですが、Amazonで売られている「特打ち」と「特打ちスーパーメソッド」が収録されている代物で、大変お得です。(Amazonで調べてみると特打ちPLUSと特打ちスーパーメソッドではなぜか特打ちスーパーメソッドの方が高いんですよね。なんでだろ。)

特打ちにはいろいろ種類がありますが、僕は断然この特打ちPLUSをおススメします。

まず特打ちと特打ちスーパーメソッドが収録されていてタイピングスキルを身に着けるのに大変役立つこと、そして価格が安いことです。

 

僕はこのソフトのおかげで約2週間でタッチタイピングができるようになりました。

その間は1日2時間ほどやっていたのですが、それは初心者の人でも没頭してできるようなものになっているからです。例えば、タイピングの音が銃声だったり、タイピングスキルを競い合うことのできるキャラがいたりと。

とくに、特打ちスーパーメソッドはかなり素晴らしい代物です。

事細かくユーザーの弱点を教えてくれたり、細かく丁寧にタイピングを進められるからです。ホントに凄いですよ!

とにかく、ハードルがかなり低いところから徐々に始められるので継続してやることができます。

ですので、タッチタイピングを習得したいという方にはホントにおススメです。

 

そして話は変わるのですが、このソフトでタッチタイピングが出来るようになったからって、プログラミングのコードがスラスラ書けるようになるとは限らないんですよね。

僕が特打ちPLUSでタッチタイピングを習得してからVBAのコードをタイプしてみると、あらまぁ、タイプするのが遅いこと。

そう、いくら特打ちPLUSでタイピングが速くなったといっても、それは日本語だからある程度早くタイプできるのであって、ことプログラミング言語や英語の文章をタイプするとなると話は別なのです。

おそらく、理解できてないから・・・とくに体や手で。

 

そこでは僕は考えました。どうしたらVBAをもっとスラスラ書けるようになるのかと。

出た結論が体で覚える・・・でした。

ということで、僕はExcelVBA基礎編2010に出てくるプログラミングコードの事例を1つにつき30回書くことにしたのです。

例えばですが、

Worksheets("sheet1").Range("a1:c4").Copy Destination:=Worksheets('"sheet2").Range("a1")

というコードですが、最初はこの1行を書くのにめちゃくちゃ苦労しました。

ですが、30回も同じコードを繰り返し書いているとスラスラと書けるようになるんですね。それは体が覚えるから。

 

コードをスラスラかけるようになるとプログラミングの勉強も楽しくなってくるのですよ。

 

今思えば、タッチタイピングのスキルを習得してよかったとホントに思います。

なぜなら、キーボードを見ながらVBAのコードを書いていた時、ホントに苦痛でしかなかったからです。タイプするたび、コードを書くたびにキーボードとPCの画面を往復するのがホントにしんどかったのですよ。

それにタイプするスピードもかなり遅かったですし。

で、プログラミングの勉強を加速させるにはどうすれば良いかネットで調べたところ、まずはタッチタイピングを習得しろ!とのことがいろんなサイトで書かれていましたので、一旦VBAの勉強をやめてタッチタイピングの習得に差し掛かったのです。

今思うとホントに正解でした。

おかげで以前よりVBAの勉強も楽しくなりましたし、何より理解できるスピードが速くなりました。

 

ってことで、今日はこれで終わりです。

読んでくれた方、ありがとうございました。